メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

目をそらさないで

「外国人のリアル」編 第2部 砂上の労働者/5止 「同じ生活者」共感を 制度と現場、ズレ

ワイヤハーネスを製造するタイ人技能実習生。母国に子どもを残す女性も多い=三重県鈴鹿市の自動車部品メーカーで、太田敦子撮影

 国内の企業向けパンフレットに体が固まった。外国人技能実習生の送り出し機関を運営する愛知県内の人材派遣グループのものだ。「(失踪があると)監理団体、受け入れ企業様の責任になり、コスト計算が狂い、かなり高い買い物になる。安かろう悪かろうとならないよう送り出し機関の検討を」。まるで商品を扱うようで、知り合った実習生の顔が浮かび、気持ちが沈んだ。

 多文化共生に取り組む知人に三重県鈴鹿市の自動車部品メーカーを紹介された。実習生をめぐるネガティブな…

この記事は有料記事です。

残り882文字(全文1103文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです