ゲリラ豪雨

素早く予測 情報通信研究機構など、新型レーダー実証実験

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型の気象レーダーでゲリラ豪雨の発生を短時間で予測し、メールで情報を配信する実証実験を、国立研究開発法人「情報通信研究機構」などが始めた。一般のモニター2000人に実際に降った雨の情報などを返信してもらい、予測精度の向上を図る。実用化すれば、河川の水位変化も予測できるようになり、氾濫6時間前に予報…

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文352文字)

あわせて読みたい

注目の特集