メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 身延線経由の2等券。昭和44年8月11日発行。


     1872(明治5)年の鉄道開通とともに140年以上にわたって日本で使われてきた切符。1枚の小さな紙片には、発行された当時の世相や空気が凝縮されています。明治から現代まで「切符のメモリー」を写真で紹介します=随時更新

     <資料提供>食堂ほんだ(茨城県大洗町)。地元では「いつもの食堂」と呼ばれる人気店。主人が鉄道好きで知られ、店内にはさまざまな鉄道関連のものがあり、切符は数万枚を収集している。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 絶滅危惧種 シダ植物自生地ほぼ壊滅 公益財団法人が伐採
    2. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
    3. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
    4. 行方不明 水と木陰が命守った 2歳児発見の山中 急勾配に崖、大人も危険 山口
    5. 欧州ニュースアラカルト サマータイム EUは廃止の是非を検討

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです