メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

避難指示が1カ月ぶりに解除 倉敷・真備町

1カ月ぶりに避難指示が解除になった岡山県倉敷市真備町地区でトラクターの泥を落とす男性=同市真備町有井で2018年8月7日午前10時15分、林田奈々撮影

 西日本豪雨で甚大な浸水被害があった岡山県倉敷市真備(まび)町地区全域の約2万2000人に出されていた避難指示が7日午前10時、1カ月ぶりに解除された。決壊した堤防の復旧工事が終了し、新設された水位計の運用も始まり、市は安全が確保できたと判断した。ただ、浸水した家は修復や再建が必要で、今も自宅に帰れない人が多い。

 高台にある避難所の市立二万(にま)小学校に身を寄せるパートの高田圭子さん(46)は「避難指示が解除…

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文812文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「風疹」と「麻疹」の違い
  2. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  3. 風疹 症状、妊婦への影響、予防法・・・Q&Aまとめ
  4. 大阪地裁 たこ焼き店脱税、起訴内容認める 初公判
  5. 大相撲 番付編成会議 貴乃花親方は欠席

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです