メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文科省

「夏休みの延長」検討を通知 熱中症対策で

 全国的な猛暑が続き、児童生徒が学校での活動中に熱中症になる恐れがあることから、文部科学省は7日、都道府県の教育委員会などに対し、必要に応じて夏休みの延長や臨時休業日の設定を検討するよう求める通知を出した。

 通知では、気象状況に注意し、児童生徒の健康を最優先に考えるよう要請。年間の総授業時間数の確保…

この記事は有料記事です。

残り145文字(全文295文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  2. 住宅ローン減税、現行の10年から13年に 3年延長検討 消費増税対策で
  3. ふるさと納税 高額返礼品廃止で急減「ふり回された」
  4. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査
  5. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです