メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京医大

入試不正、動機は寄付金 内部調査報告書

 東京医科大の不正入試問題で、内部調査に当たった弁護士が7日午後、記者会見し、報告書を公表した。一部の受験生に点数を加えるなど、合格者を不正に調整してきたと正式に認定。前理事長の臼井正彦被告(77)=贈賄罪で在宅起訴=と前学長の鈴木衛被告(69)=同=が主導したとし、動機を「同窓生の子弟を入学させ、寄付金を多く集めたいとの思いがあった」と指摘した。2人が受験生の親から個人的に謝礼をもらうこともあったと明記した。

 今年の一般入試で医学部医学科に合格した文部科学省の前局長佐野太被告(59)=受託収賄罪で起訴=の息…

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文678文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ヒゲダン・藤原聡、一般女性との結婚報告「気持ちを新たに人生を歩む」

  2. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

  3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  4. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  5. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです