カネボウ

白斑訴訟の調停成立 女性44人に解決金

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 カネボウ化粧品(東京)の美白化粧品を使い、肌がまだらに白くなる白斑の症状が出たとして、大阪、兵庫、京都など2府5県に住む30~80代の女性44人がカネボウ側に計約8億円の損害賠償を求めた訴訟は6日、大阪地裁(倉地真寿美裁判長)で調停が成立した。

 原告弁護団によると、カネボウ側が全員に解決金を支払う…

この記事は有料記事です。

残り83文字(全文233文字)

あわせて読みたい

注目の特集