メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カネボウ

白斑訴訟の調停成立 女性44人に解決金

 カネボウ化粧品(東京)の美白化粧品を使い、肌がまだらに白くなる白斑の症状が出たとして、大阪、兵庫、京都など2府5県に住む30~80代の女性44人がカネボウ側に計約8億円の損害賠償を求めた訴訟は6日、大阪地裁(倉地真寿美裁判長)で調停が成立した。

 原告弁護団によると、カネボウ側が全員に解決金を支払う…

この記事は有料記事です。

残り83文字(全文233文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京、コロナの警戒レベルを最高に 「感染拡大」 小池都知事、緊急記者会見へ

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 結核7人集団感染 1人死亡、6人は家族や関係者 北九州市

  4. 東京・板橋で女性刺され死亡、殺人事件で捜査 同居の30代夫と連絡取れず

  5. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです