メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原発賠償見直し先送り

資金確保、不十分なまま

プール内の使用済み核燃料の取り出し作業が本格化する東京電力福島第1原発3号機(手前中央)=福島県で2018年7月17日、本社ヘリから藤井達也撮影

 原発事故の賠償制度に関する政府内の議論は、電力会社に義務付けた賠償措置額(原発ごとに現行最大1200億円)を引き上げず、実質的な見直しを先送りすることで決着した。

 現行制度は賠償措置額を超えた部分については、他の大手電力と協力して賠償する「相互扶助」といえる仕組みだが、電力自由化の流れの中で揺らいでいる。

 議論に関わった原子力委員会専門部会の委員は「賠償額が想定より膨らむ恐れがある中、自由化で互いが競合…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文466文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 3階から屋上に向かう部分で19人が死亡 折り重なるように倒れ 京アニ火災
  4. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
  5. 京王線、小田急多摩線が運転見合わせ 沿線で火災

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです