メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京医大

3浪以上男子も点数抑制 入試不正報告7日公表

 東京医科大が今年と昨年実施した医学部医学科の入試の2次試験で、女子受験生だけでなく、3浪以上の男子に対しても合格を抑制するための得点操作が行われていたことが関係者への取材で明らかになった。得点操作は前理事長の臼井正彦被告(77)=贈賄罪で在宅起訴=が指示し、事情を知っていたのは前学長の鈴木衛被告(69)=同、学務課長と合わせて3人だったことも判明した。

 6日、東京都内で開いた学校法人の理事会で、文部科学省の前局長、佐野太被告(59)=受託収賄罪で起訴…

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文830文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  2. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  3. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  4. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  5. 「群馬大医学部不合格は55歳の年齢」横浜68歳女性、公明正大な入試訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです