SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『山と溪谷』『春風コンビお手柄帳』ほか

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

今週の新刊

◆『山と溪谷 創刊1000号記念特別号』(山と溪谷社/税別1111円)

 1000号だから1000円とはならなかったが、さすがに力のこもった記念号だ。雑誌『山と溪谷』は、1930年に創刊。日本の山旅の歴史を後押ししてきた。表紙写真は創業者と家族。

 「日本登山ルート100選」をはじめ、目玉特集がぎっしり。巻頭グラフは「皇太子さまの山岳写真」。雲遊ぶ間(あい)ノ岳や、紅葉した那須岳など大した腕前。5歳で軽井沢の離山を陛下と登ったのが最初。以来の健脚だという。

 バックナンバーを振り返る企画も読みごたえ十分。生沢朗(いくざわろう)、小林泰彦、近藤辰郎など表紙を飾ったイラスト、写真もファンは懐かしいはずだ。情報を伝えるという役目を超えて、『山と溪谷』は品格高く、地上にいる山好きたちの夢を代行し、鼓舞したのである。

この記事は有料記事です。

残り1462文字(全文1822文字)

あわせて読みたい

注目の特集