メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

放送作家たむらようこの窓辺から

「テレビ」とひとくくりにしないで

 テレビは社会の窓である。今回は、テレビ局の社屋と、中の人たちのお話--。

 夏休みにお台場に行くと、思い出すことがあります。30代の頃、電車を降りてフジテレビまで歩く間に、夏は決まって「すみません、写真を撮ってもらえません?」と観光客からカメラを手渡されました(今は自撮りが主流)。周辺のフードコートも満席で、手軽な食事の選択肢も激減。笑顔の観光客を尻目に重い足取りで会議へ向かったものです。その頃、ふと帰り道にライトアップされたフジテレビを見上げて思いました。「こんなに毎日、通っているけど、いつか私、年をとってフジの仕事をしなくなったら入れなくなるのかな。入館証も取り上げられて警備の人に止められてしまうのかな」。きっとどこの企業もそうでしょう。社屋は何十年も変わらず…

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文840文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  5. 住みたいのは草津 県民1位、「交通の便良く人気」 ネットアンケ /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです