メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ウラカタ

「二十四の瞳」方言でナチュラルに NHKラジオ第2「朗読」ディレクター 竹内豊さん

竹内豊さん

 戦時下を懸命に生きる先生や教え子たちの姿を描く壺井栄の小説「二十四の瞳」を、NHKラジオ第2の「朗読」(月~金曜午前9時45分)で7、8月に放送している。昨年が壺井の没後50年でもあり、作品を通して夏に戦争を考えてほしいとの構想があった。作中で明示されていないが、壺井が生まれた香川県の小豆島が舞台とされているため、「まず現場を見るのが一番」と今春、小豆島を訪ねた。「人がすごく親切で、原作にもその優しい気持ちが反映されていると感じた」。その思いが番組を実現させる原動力になった。

 朗読を担当するのは香川県出身の俳優、藤澤恵麻。映像作品の場合、特に子役に自然な方言を発するよう指導…

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文721文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです