メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 富岡小に夏が来た 夏休み中、プールや教室開放 町は閑散、全児童13人の「居場所」に

真新しいプールで水を掛け合う小学生ら=福島県富岡町で、喜屋武真之介撮影

 東京電力福島第1原発事故による避難を経て今春、7年ぶりに地元で再開した福島県富岡町の小学校で、夏休み中も子どもたちの笑い声が響く。帰還者の少ない町で自宅近くに友達がいなかったり遊び場がなかったりする児童もいるため、学校が数少ない子どもたちの居場所となっている。全児童13人の大半が連日通っており、プールや教室で楽しい時を過ごしている。

 夏休みのある日の午前9時。1~6年生11人が登校し、新設された屋根付きプールで1時間ほど遊んだ。ほ…

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文739文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川貴教 登美丘高校「HOT LIMIT」動画に喜びも「もっと早かったら…」とボヤキ
  2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  3. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです