メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

核兵器製造企業

国内7社投融資 4年で1.9兆円 2社「取引停止」 ICAN調査

 核兵器製造に関わる企業に、日本の金融機関7社が昨年までの4年間で約1兆9000億円を投融資していたことが、昨年ノーベル平和賞を受賞したNGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)の調査で判明した。ICANは7社に取引の停止を求めており、取材に対し2社が停止したことを明らかにした。一方、残る金融機関からは「核兵器製造企業」の定義の難しさから、投融資を回避できないとする声も上がった。

 調査はICAN運営団体の一つ「パックス」(オランダ)が実施。核実験施設を運営する米エイコム社など、パックスが「核軍備の維持・近代化に少なからず加担している」と定義した20社への資金提供を調べた。2014年1月~17年10月で、24カ国329金融機関が約55兆円を投融資していたとしている。

この記事は有料記事です。

残り581文字(全文920文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  2. 広島の山林遺体 男女3人を強殺容疑で再逮捕へ 金銭トラブルか 大阪府警

  3. 「桜」前夜祭 安倍氏周辺、補塡認める 「前首相には伝えず」 収支報告不記載

  4. 新型コロナ 「GoTo」 札幌・大阪市へ3週間停止 政府、解約料肩代わり

  5. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです