メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「手で見る造形」展

中ハシ克シゲ小企画展 触覚のみ頼りに新境地 兵庫県立美術館

彫刻家、中ハシ克シゲと作品「お出掛け犬」。軽トラックの助手席に乗った愛犬・サンを造形した=神戸市中央区の兵庫県立美術館で、岸桂子撮影

 兵庫県立美術館(神戸市中央区)の「美術の中のかたち--手で見る造形」は、1989年から続く小企画展。主に彫刻を触りながら鑑賞できる内容で、館蔵品だけでなく、多くの美術家らが関わり新作にも触れる機会が提供されてきた。

 恒例企画とはいえ、今年はひと味もふた味も違う。彫刻家の中ハシ克シゲ(63)は、粘土で作品をつくる時にアイマスクを着用し、触覚だけを頼りに彫刻を作ったのだ。本企画のオファーを受け、「彫刻家の一人として何ができるかを熟考した」と話す。

 モデルになったのは中ハシの愛犬・サン。「抱きつき犬」「添い寝犬」など、さまざまなポーズの作品が並ぶ…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 犬の頭上から猫が生えてきている? SNSで話題の“ひょっこりにゃん”写真が撮れた理由とは

  2. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

  3. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

  4. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  5. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです