メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角ワイド

花咲線の魅力発掘 市が写真家4人に撮影依頼 岡田敦さん「根室ならではの1枚」 /北海道

 JR花咲線(根室線・釧路-根室間)の魅力を掘り起こそうと、根室市は撮影スタイルの異なる写真家4人に撮影を依頼。市の沖合に浮かぶユルリ島の野生馬などの撮影を続けている岡田敦さん(39)=東京都新宿区=が7月末までの10日間、「花咲線の夏」を切り取った。

 「写真界の芥川賞」とも呼ばれる木村伊兵衛写真賞を2008年に受賞した岡田さんは11年から、根室に10回以上滞在して独特の自然景観や春国岱(しゅんくにたい)など「根室ならではの1枚」を撮影してきた。

 とりわけ春から夏の太平洋側特有の濃霧に魅力を感じ、今回の撮影最終日となった7月30日も、霧の中の馬…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文604文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです