メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風13号

気象台「早めの対策を」 あす昼から夕方最接近 /宮城

 仙台管区気象台は7日、台風13号が9日の昼から夕方にかけて県に最接近すると発表した。8日夜から風雨が強まる見込みで、「明るいうちに早めの対策を」と呼び掛けた。

 同気象台によると、8日午後0時ごろから県内の海上で波浪警報、同6時ごろから県内全域で大雨警報が発令される見込み。9日午前0時ごろからは海上で、同6時からは全域で暴風警報の発令が予想される。8日午後6時までの24時間降水量は、多いところで60ミリ…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文509文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」3日で興収46億円 観客340万人超、ともに最高

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. Fact・Check 誤り 防衛大出身者は大学院入学を拒否される 大学院進学例、複数確認 BSフジは訂正

  4. 菅氏よもやの言い間違い次々…「説明能力」に疑問も 官房長官会見

  5. 熱血!与良政談 もう一つの負の遺産=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです