メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地理的表示保護制度

南郷トマト登録 県産初、品質良好で安定 ブランド力向上に期待 /福島

 南会津地方で生産されているブランド野菜「南郷トマト」が6日、農産品の地域ブランドを保護する農林水産省の「地理的表示(GI)保護制度」に登録された。県産品の登録は初めて。「品質が良好で安定している」と評価され、ブランド力向上に期待がかかる。

 南郷トマト生産組合が2016年に登録申請し、現地調査や学識経験者による委員会を経て登録が決まった。同組合の三瓶清志(せいし)組合長(55)は「50年以上作り続けてきた南郷トマトが品質的・歴史的に国に認められたことを、誇りに思う。この品質を今度は我々の手で次の世代に引き継いでいきたい」と喜んだ。

 JA会津よつばなどによると、南郷トマトは7~10月に収穫される夏秋トマトで、糖度が高く程良い酸味や…

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文719文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円
  3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  4. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  5. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです