メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

杉原千畝記念館

入館者40万人に 八百津 /岐阜

 第二次世界大戦中に「命のビザ」を発給し、ナチス・ドイツの迫害から逃れようとした多くのユダヤ人難民を救った元外交官・杉原千畝(1900~86年)の功績を紹介する八百津町の「杉原千畝記念館」の入館者が4日、40万人に達した。2000年7月30日の開館から18年目で、記念セレモニーがあった。

 40万人目は、関市下之保の市立武儀西小学校5年の三輪碧蘭(あおか)さん(10)。碧蘭さんは夏休みの読書で「杉原千畝物語」を読んで感想文を書き、勉強のために母の瑞穂さん(33…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文579文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ患者また抜け出し 大阪の療養ホテルから 府が警備員増員する直前

  2. スーパーのカゴ、金網まで…BBQごみ「いたちごっこ」 禁止でも放置やまず

  3. 「60」は首相の推薦者 桜を見る会、招待者名簿を初開示 06年開催

  4. 「昔の恋人が忘れられず、会いたくてどうしようもない」女性へ 渡辺えりさんのアドバイス

  5. 中学生の胸を触った疑い ジャンプ連載「アクタージュ」自称原作者を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです