安倍首相

サマータイム「検討」 挫折の歴史 政府内、慎重論も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
サマータイムを巡るこれまでの経緯
サマータイムを巡るこれまでの経緯

 安倍晋三首相は7日、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗元首相らと首相官邸で会談し、五輪の暑さ対策として国全体の時間を夏季だけ早めるサマータイム制が導入できるか検討する意向を示した。政府・自民党内では20年から5~9月の期間時刻を1時間早める案も浮上。ただ、経済活動や交通、教育など社会全体に影響が及び、過去の政権が導入を試みては挫折してきた歴史もあるだけに、実現の道のりは険しい。【野間口陽、田中裕之】

この記事は有料記事です。

残り843文字(全文1056文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集