連載

2018自民党総裁選

相次ぐ政府の不祥事で安倍晋三首相の求心力が低下する中、9月に行われる自民党総裁選への動向を探る。

連載一覧

2018自民党総裁選

竹下派「分裂選挙」へ 首相支持容認 竹下氏は石破氏支持

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
政府・与党連絡会議に向かう自民党の竹下亘総務会長。左前は岸田文雄政調会長=首相官邸で2018年8月7日午前11時56分、川田雅浩撮影
政府・与党連絡会議に向かう自民党の竹下亘総務会長。左前は岸田文雄政調会長=首相官邸で2018年8月7日午前11時56分、川田雅浩撮影

 自民党第3派閥の竹下派(55人)は7日、9月の総裁選で「分裂選挙」となる公算が大きくなった。同派の参院議員(21人)は石破茂元幹事長を支持する方針を固めたが、衆院議員(34人)は安倍晋三首相を支持する声が多い。派閥会長の竹下亘総務会長は派として一本化を目指しているが、大詰めの調整はなお難航している。

 竹下氏は7日、所属議員を衆参別に派閥事務所に集め、総裁選について意見を聞いた。参院側は吉田博美参院幹事長に対応を一任する方針を決定。派内に影響力を持つ青木幹雄元参院議員会長の要請もあり、参院側は石破氏支持で固まった。

この記事は有料記事です。

残り784文字(全文1045文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集