メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プーチンのロシア

「グルジア紛争」10年/2 加盟、NATO及び腰 ジョージアの貢献、報われず

トビリシの高台にある墓地には、2008年の紛争で亡くなった兵士に加え、アフガニスタンでのNATOへの支援作業参加中に亡くなった兵士も埋葬されていた

 ジョージア(グルジア)の首都トビリシの高台にある墓地には、2008年に起きたロシアとの戦闘などで命を落とした兵士が葬られている。目新しい墓標の一つに、17年にアフガニスタン駐留中に亡くなった兵士1人をしのんだものがある。遺影の中の兵士は防弾着を着ており、通常の戦闘任務ではなく、アフガン軍への支援作業などに携わっていたことがうかがえる。

 ジョージアは北大西洋条約機構(NATO)の加盟国ではないが、パートナー国としての評価を高める狙いで…

この記事は有料記事です。

残り781文字(全文1000文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです