メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

農業界の希望の星=農業ジャーナリスト・青山浩子

 NPO法人農スクール(神奈川県藤沢市)はホームレス、ひきこもりや生活保護受給者などを対象とした就農訓練校だ。定員制ではあるが、働く意欲がある人なら誰もが受講できる。半年または1年間、農業の基本を教え、就職先となる農家等へのあっせん、マッチングも行う。「仕事したくても見つけられない人と、人手不足を抱えている農業を結べば両方の課題が解決する」と考えた小島希世子さん(39)が2008年に始め、13年にNPOを設立した。

 今年7月末、半年のコースを終えた受講者の修了式があった。受講生とともに1人のOBが参加した。やりたいことを見つけられずひきこもった時期もあったが、スクールで農業に接し、おいしい野菜を作る農家にも出会い、「自分でやってみよう」と決意。農地や住居を借り、同スクール初の独立就農者となった。「彼は希望の星。農業が軌道に乗れば、就職できずにいる人がどれほど勇気づけられるかわからない」と小島さんは温かいまな…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 特集ワイド 二階派で活動2年、自民入り目指す細野豪志氏 批判されても私は違う道 安保政策は一致、人間関係には苦慮

  5. 東名あおり運転デマ投稿 強制起訴の被告死亡で公訴棄却へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです