メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島の平和記念公園内に2002年にできた国立施設(手前)の名は「原爆死没者追悼平和祈念館」で長崎と共通。中央は平和記念式典会場、左奥は平和記念資料館(原爆資料館)=同年8月6日、本社ヘリから尾籠章裕撮影

 8月6日の広島「平和記念式典」と、9日の長崎「平和祈念式典」。被爆地で毎年開かれる二つの行事は、よく見ると表記に違いがあります。しばしば混同される「記念」と「祈念」を正しく書き分けるために、それぞれの名称に込められた意味を探ってみました。【宮城理志】

 ■巡り来ることば

 ◆記念と祈念 表記に込めた主張

この記事は有料記事です。

残り3867文字(全文4018文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. ドコモ、携帯料金を値下げへ 主力ブランドで大手初、「格安」も新設

  3. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  4. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  5. 宿泊療養39人分の個人情報流出 山口県 メール誤送信、あて先不明 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです