メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

顔認証採用 選手や関係者ら30万人対象 競技会場、厳重警備

IDカードを用いて顔認証システムの実演を行うバレーボール日本代表の島村春世選手=東京都千代田区内で2018年8月7日、小林悠太撮影

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会とNECは7日、選手や大会関係者が競技会場や選手村などに入る際の本人確認として顔認証システムの採用を決めたと発表した。組織委によると、顔認証の採用は五輪では初めてという。【小林悠太】

 厳重な警備が必要な区域に入る選手、大会役員、運営スタッフやボランティアなど約30万人超の…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文399文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 非接触で商品受け取り 「新様式」イオン開業 埼玉・上尾に4日

  2. 独で歩行者に車突っ込み乳児含む5人死亡 飲酒運転の容疑者逮捕

  3. 降灰対策に本腰 富士山大噴火想定 回収方法など検討 山梨・富士吉田市

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです