メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

顔認証採用 選手や関係者ら30万人対象 競技会場、厳重警備

IDカードを用いて顔認証システムの実演を行うバレーボール日本代表の島村春世選手=東京都千代田区内で2018年8月7日、小林悠太撮影

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会とNECは7日、選手や大会関係者が競技会場や選手村などに入る際の本人確認として顔認証システムの採用を決めたと発表した。組織委によると、顔認証の採用は五輪では初めてという。【小林悠太】

 厳重な警備が必要な区域に入る選手、大会役員、運営スタッフやボランティアなど約30万人超の…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文399文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請へ 3月中旬まで2週間

  2. 北海道教委、全小中学校の休校要請へ

  3. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  4. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  5. 東京都教委が卒業式縮小 参列者減らし時間短縮 時差通学も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです