メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメリカンフットボール

名門日大、再建に意欲 橋詰新監督会見

抱負を述べる日大アメリカンフットボール部新監督の橋詰氏(左)と新コーチの泉田氏=東京都世田谷区の日大アメフット部グラウンドで2018年8月7日午後4時5分、岸本悠撮影

 日本大は7日、悪質タックルで今秋のリーグ戦が出場停止となったアメリカンフットボール部の新監督に立命館大元コーチの橋詰功氏(55)が就任すると発表した。東京都内で記者会見した橋詰氏は「日本一強いだけでなく、日本一にふさわしいチームを作る」と、傷ついた名門の再建への意欲を語った。

 橋詰氏は日大の公募に応じ、7人の外部有識者による選考委員会で選ばれた。

 橋詰氏は応募した理由を「大学スポーツ界全体に大きなインパクトを与える仕事ができる可能性を感じた」と説明した。就任は9月1日付。

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文485文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヤマハ「SR400」、国内向け生産終了へ 排ガス規制対応できず

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  4. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  5. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです