メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京医科大

調査報告書 要旨

 <ブランディング事業申請>

 東京医大は2016年に創立100周年を迎え、低侵襲のメタボローム解析を目玉にしようと考えた。多額の研究資金が必要になるため、ブランディング事業の支援対象校に申請することとした。

 <17年度入試での佐野氏息子の不合格>

 17年2月、一般入試の1次試験が実施された。佐野太氏の息子も受験したが、得点は200点で順位は1051位だった。前理事長の臼井正彦氏は、ブランディング事業の事業計画書に対する助言・指導を仰ぐべく佐野氏と接触していたが、その過程で息子が17年度入試を受験することを知った。臼井氏は、佐野氏の息子を1次試験に合格させるためには大幅な加点が必要であったことから、得点調整しないことにし、不合格となった。

この記事は有料記事です。

残り2334文字(全文2656文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  4. 男子SPは羽生が貫禄の首位発進 フィギュアNHK杯

  5. 桜を見る会「私物化」前夜祭は「公職選挙法違反疑惑」など 野党4党が追及点五つを整理

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです