メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山は博物館

それは戦時下だった/5 針ノ木岳遭難、伝書バトが連絡

北アルプス(左下)を望みながら飛ぶハトと小屋=市立大町山岳博物館提供

 <くらしナビ・環境>

 既に電話や無線があっても、戦時中の軍隊は手軽な通信手段として伝書バトも使用し、日本陸軍は必要になれば召し上げるため民間への普及を図った。長野県大町(現大町市)では登山中の遭難連絡用に貸し出しが始まった1936年、さっそく最初の客が放ったハトが針ノ木岳(2821メートル)から舞い戻った。

 北アルプスを望む信濃鉄道(現JR大糸線)・信濃大町駅前のハト小屋に、予定外の1羽が帰ったのは36年…

この記事は有料記事です。

残り2005文字(全文2210文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 大谷、イチローの開幕戦を夜更かし観戦
  3. 武田・厚労省課長 韓国で逮捕 「韓国人嫌い」空港職員に暴行か
  4. 仙台市博物館 政宗の愛刀公開 ゲーム「刀剣乱舞」効果? 反響「普段の数十倍」 /宮城
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです