メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遠近両用コンタクトレンズのしくみ

 「最近、近くが見えづらい」--そんな世代の選択肢として遠近両用コンタクトレンズの品ぞろえが充実してきた。近くも遠くも自然に見えるというが、どんな人に向き、眼鏡とどう違うのだろう。

 「眼の総合病院」として知られる東京都千代田区の「お茶の水・井上眼科クリニック」。患者を対象に遠近両用コンタクトレンズの説明会を6月、初めて開いた。さいたま市の主婦、石崎綾子さん(51)は普段、近視用コンタクトを使っていて、スマートフォンの画面が見づらいと感じている。遠近両用眼鏡は持っているが「化粧をする時不便だし、外出時は面倒」。「外出時にワンデータイプ(1日で使い捨てのレンズ)を使ってみたい」と訪れた。

この記事は有料記事です。

残り1572文字(全文1867文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く
  4. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  5. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです