メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遠近両用コンタクトレンズのしくみ

 「最近、近くが見えづらい」--そんな世代の選択肢として遠近両用コンタクトレンズの品ぞろえが充実してきた。近くも遠くも自然に見えるというが、どんな人に向き、眼鏡とどう違うのだろう。

 「眼の総合病院」として知られる東京都千代田区の「お茶の水・井上眼科クリニック」。患者を対象に遠近両用コンタクトレンズの説明会を6月、初めて開いた。さいたま市の主婦、石崎綾子さん(51)は普段、近視用コンタクトを使っていて、スマートフォンの画面が見づらいと感じている。遠近両用眼鏡は持っているが「化粧をする時不便だし、外出時は面倒」。「外出時にワンデータイプ(1日で使い捨てのレンズ)を使ってみたい」と訪れた。

この記事は有料記事です。

残り1572文字(全文1867文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです