メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米兵遺骨返還

米がハワイでDNA鑑定で身元確認作業

 【ワシントン工藤哲】北朝鮮が米国に引き渡した朝鮮戦争(1950~53年)で死亡・行方不明になった米兵の遺骨について、米国防総省捕虜・行方不明者調査局(DPAA)がハワイ州で、DNA鑑定などの身元確認作業を進めているもようだ。DPAA関係者は「ひつぎは55だが、実際に何人なのか明言するのは時期尚早」と述べており、作業完了には数カ月から数年を要する見通し。

 国防総省などによると、鑑定対象は遺骨に加え、付随したブーツやボタン、軍服などが含まれる。朝鮮戦争に参加した米兵の92%は親族のDNAによる鑑定が可能で、中には歯型やエックス線の記録も残る。DPAAが年齢や体格、年齢、成育環境などを調べ、出身地の特定を進める。

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文662文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. コロナ患者受け入れ、億単位の収入減 政府支援「全く不足」 聖路加国際病院長

  3. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  4. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです