メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防潮堤工事ミス

県の陸側かさ上げ案拒否 地元住民協議会

工事ミスで計画よりも22センチ高く造られた魚町地区の防潮堤=宮城県気仙沼市で2018年8月7日、新井敦撮影

 宮城県気仙沼市魚町地区に建設中の防潮堤の一部が県のミスで計画より22センチ高く造られた問題で、地元住民らでつくる「内湾地区復興まちづくり協議会」は7日、同市役所で記者会見し、県が示した陸側かさ上げ案を受け入れない方針を明らかにした。問題発覚後の県の対応や進め方に地権者の不信感が根強いことなどから、県の提案には合意できないと判断した。協議会は改めて計画通りの高さにする「造り直し」を求める。【新井敦、本橋敦子】

 工事ミスの対応策として、県は6月、誤った高さを維持したまま、陸側をかさ上げして海の見える景観に配慮…

この記事は有料記事です。

残り481文字(全文737文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  2. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  3. ORICON NEWS 2018年 今年の漢字は「災」に決まる  “平成最後”過去23年間分も紹介&解説
  4. 藤井七段、通算100勝 最年少・最速で達成
  5. 片山氏「100%開示」 収支報告訂正で 野党の追及に皮肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです