メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

「納采の儀進められない」秋篠宮ご夫妻が小室さんに

秋篠宮ご夫妻=2018年7月31日、渡部直樹撮影

 秋篠宮ご夫妻が、長女眞子さま(26)との婚約が内定している小室圭さん(26)と母親に対して、「このままでは(一般の結納にあたる)納采(のうさい)の儀の準備を進められない」との意向を伝えられていたことが明らかになった。関係者によると、昨年末から週刊誌で報じられた小室さん側の「金銭トラブル」について、秋篠宮ご夫妻が事実関係を公に説明することを求めたが果たされないことが背景にあるという。

 眞子さまの婚約は昨年9月3日に内定。その後、結婚式を今年11月4日に行う日程も発表されたが、正式な婚約となる納采の儀(3月4日)直前の2月6日、一連の儀式を2020年に延期すると発表された。眞子さまと小室さんはこの際、宮内庁を通じて「充分な準備を行う時間的余裕がない」などとしていた。しかし、関係者によると、小室さん側が知人との間で金銭トラブルになっているという週刊誌などの報道が影響した可能性がある。

 秋篠宮ご夫妻は、報道内容について複数回にわたって説明を求めていた。ご夫妻は、「問題はない」とする小室さん側に、国民の理解を得るために記者会見などで説明することを求めたが果たされていない。ご夫妻は2人の意思を尊重する意向だが、現状では納采の儀の準備を進められないと判断したとみられる。

 関係者によると、眞子さまと小室さんの結婚の意思は変わらないという。小室さんは今月7日、米ニューヨーク州のフォーダム大学のロースクールで3年学ぶため、渡米した。米国での弁護士資格の取得を目指すとしている。【高島博之】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  5. 「サイレイヤ、サイリョウ!」2年ぶり鞍馬の火祭 夜空焦がす炎 京都

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです