メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

サマータイム「検討」 政府内に慎重論も

サマータイムを巡るこれまでの経緯

 安倍晋三首相は7日、2020年東京五輪パラリンピック組織委員会会長の森喜朗元首相らと首相官邸で会談し、五輪の暑さ対策として国全体の時間を夏季だけ早めるサマータイム制が導入できるか検討する意向を示した。政府・自民党内では20年から5~9月の期間時刻を1時間早める案も浮上。ただ、経済活動や交通、教育など社会全体に影響があるだけに、過去の政権が導入を試みては挫折してきた歴史もあり、実現の道のりは険しい。【野間口陽、田中裕之】

 首相は森氏らとの会談でサマータイム制について「国民の評価も高い。検討したい」と述べ、同席した自民党…

この記事は有料記事です。

残り860文字(全文1122文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卓球 福原愛が現役引退を表明 自身のブログで
  2. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  3. 福原愛 台湾で結婚披露宴 「試合より緊張する」
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. 兵庫・西宮 80代夫妻が死亡 無理心中か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです