貿易協議

米の車制限、日本に圧力 農産物、難しい判断も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
日米貿易協議(FFR)で想定される論点
日米貿易協議(FFR)で想定される論点

 日米両政府は、新たな貿易協議(FFR)の初会合を9日にワシントンで開く。対日貿易赤字に不満を抱く米国は、日米自由貿易協定(FTA)の交渉入りなどを求める構え。一方、日本は農産物の分野で譲歩を迫られかねないFTAは回避したい考えで、トランプ米政権が検討する自動車・同部品の輸入制限も除外を求める方針だ。各国に貿易戦争を仕掛ける米政権の理解を得られるか見通せず、日本は難しい判断を迫られる可能性もある。

 FFRには茂木敏充経済再生担当相と、米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表らが出席する。

この記事は有料記事です。

残り772文字(全文1020文字)

あわせて読みたい

注目の特集