メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸前高田

激突に歓声 「けんか七夕」3年ぶり復活

 ドスン。長さ約15メートルの丸太の「かじ棒」を藤のつるでくくり付けるなど豪華に飾りたてた重さ約4トンの山車が、太鼓や笛の奏者を乗せたまま激しくぶつかると、見物客から歓声が上がった。東日本大震災の津波で大きな被害を受けた岩手県陸前高田市気仙町で7日夕、かさ上げ工事で地元での開催が中断していた伝統の祭り「けん…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文387文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです