杉田水脈議員

障害者らも抗議「傷ついている」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見で発言する全国自立生活センター協議会の中西正司副代表(右から3人目)=東京都千代田区の厚生労働省で2018年8月7日午後5時、望月麻紀撮影
記者会見で発言する全国自立生活センター協議会の中西正司副代表(右から3人目)=東京都千代田区の厚生労働省で2018年8月7日午後5時、望月麻紀撮影

 自民党の杉田水脈(みお)衆院議員がLGBT(性的少数者)について「子どもを作らない、つまり『生産性がない』」などと月刊誌に寄稿した問題で、障害者や難病当事者が7日、東京都内で記者会見し、「難病や障害のある人も傷ついている」と抗議した。

 会見で、ギラン・バレー症候群患者の内山裕子さん(43)は「病気や障害によって子どもを産めない人や、表には見えにくい難病や障害のある人など、たくさんの人がLGBTの人たちと同じように傷ついている。生…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文543文字)

あわせて読みたい

注目の特集