メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幻の科学技術立国

第2部 源流を探る/国立大法人化 キーパーソンに聞く 学長経験者の評価は

佐々木毅・元国立大学協会会長=東京都千代田区で2016年9月13日、丸山博撮影

 国立大の法人化について、学長経験者はどう評価しているのか。法人化当時の国立大学協会会長だった佐々木毅・元東京大学長(76)、五神(ごのかみ)真・現東京大学長(61)、黒木登志夫・元岐阜大学長(82)に聞いた。

■元国立大学協会会長(元東京大学長)、佐々木毅さん(76)

 --国立大学法人法が2003年7月に成立し、その秋に運営費交付金の削減方針が出ました。

 とてもじゃないが、話が違うんじゃないかと。みんな怒った。このままでは予算削減のために法人化したというイメージになる。(法人化に)賛成した者としては、簡単に引くわけにはいかなかった。今思うとつくづく異常だと思うのは、法人化の議論の中で予算の問題が一切俎上(そじょう)に載らなかったこと。「法人化後5年間はこういう予算で」というようなプランは示されなかったし、議論もなかった。

この記事は有料記事です。

残り3840文字(全文4205文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

  2. 沖縄米軍基地で45人の集団感染 普天間とCハンセンで「ロックダウン」実施

  3. 軽ワゴンとデイサービス送迎車が衝突、5人死傷 滋賀・湖南

  4. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  5. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです