メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サワコの朝

“世界一のセッター”中田久美さんが日本代表チームを率いる覚悟、そして東京五輪にかける想い

[PR]

 トーク番組「サワコの朝」(MBS/TBS系全国ネット、8月18日午前7時半~8時)のゲストは、バレーボール女子日本代表監督の中田久美さん。

 実は、小学生時代は水泳の選手だったという中田さん。中学1年生のクラブ活動でバレーボールを始めたという中田さんは、バレーの英才教育を受けるため自らの意志で山田重雄氏が率いるバレーチームの入団試験に応募し見事合格。中学2年の時から親元を離れバレーボール漬けの日々が始まったという。当時は、怖いもの知らずだったという中田さん。貴重な映像とともにバレーを始めた原点を語っていただく。

 その後、史上最年少の15歳で日本代表入りを果たし、一躍注目を浴びると18歳の時にロサンゼルスオリンピックに出場し、銅メダルを獲得。1989年のワールドカップではベストセッター賞を受賞し“世界一のセッター”に。長く日本代表の中心選手として活躍した。

「記憶の中で今もきらめく1曲」は、大杉久美子さんの「アタックNO.1」。小学生のとき、同名のテレビアニメに夢中だった中田さんが、当時の思い出を熱く振り返る。

 引退した後、しばらくバレーボールとは距離をおいていたものの、あることがきっかけで、もう一度バレーボールに向き合うことを決意し指導者の道へ。日本人女子として初めてバレーの本場イタリアのプロリーグでコーチに就任、帰国後はVリーグで数々の栄冠を監督として勝ち取ってきた中田さん。

 2016年にバレーボール女子日本代表チームの監督に就任すると、食事をすることも忘れるほどバレーボール漬けの日々を送っているという中田さん。女性監督ならではの視点や、東京五輪へ向けた選手たちとの毎日をサワコに語っていただく。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 120度の高温で生息する微生物群発見 海底下1200メートル掘削調査

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  5. 「自分が冤罪被害とは」事故1年後に逮捕の母 乳幼児揺さぶられ症候群

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです