メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
2018自民党総裁選

LGBTが問う政治

 就活もいよいよ最終盤である。学生に有利な売り手市場が続く。人材の争奪戦にさらされる中、買い手の側はどんな会社だとアピールしているのか。

 名だたる企業について調べてみたら、驚いた。LGBTなど性的少数者への配慮が行き届いているのだ。

 自民党の杉田水脈(みお)衆院議員が月刊誌への寄稿で物議を醸した問題は今も尾を引いている。「LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がないのです」

 差別を助長するヘイトスピーチだと批判の声がやまないのは当然だ。だが気になるのは危うい思想だけではな…

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文907文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです