メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遠州綿紬

洋服新ブランド 掛川に専門店 「柔らかで、着心地良く」 /静岡

 県西部に江戸時代から伝わる和服織物、遠州綿紬(つむぎ)で仕立てた洋服などを扱う専門店を掛川市上内田のアパレル業、潮拓哉さん(58)がオープンした。新ブランドを「ニッポン・キモノ・ファブリックス」と名付け、「地場産業の活性化に一役買いたい」と意気込んでいる。

 男性用のジャケットやベスト、シャツ、女性用のスカートのほか帽子なども扱う。

 生地の提供と縫製は浜松市内の業者に委託する。商品の包装紙は和服で使う特殊な和紙にこだわる。潮さんは…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文493文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 広島の鈴木と新体操元五輪代表の畠山さんが結婚へ「力合わせ共に歩む」

  3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  4. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです