近藤重蔵

北方領土の返還思い 北海道の生徒が墓参 高島・円光寺 /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
近江で亡くなった近藤重蔵の墓前で手を合わせる根室市の中学生ら=滋賀県高島市勝野の円光寺で、塚原和俊撮影
近江で亡くなった近藤重蔵の墓前で手を合わせる根室市の中学生ら=滋賀県高島市勝野の円光寺で、塚原和俊撮影

 江戸時代後期に幕命を受け、北方領土の国後(くなしり)島、択捉(えとろふ)島など蝦夷(えぞ)地を5回探検した近藤重蔵(1771~1829年)の墓がある高島市勝野の円光寺を8日、北海道根室市の中学生5人が訪れ、墓前で手を合わせた。

 戦後70年以上が過ぎても解決の道筋がいまだ見えない、北方領土問題を次世代につなごうと根室市が毎年派遣。北方領土返還要求運動県民会議(会長、川島隆二・県議会議長)が…

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文491文字)

あわせて読みたい

注目の特集