メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥取城跡

「太鼓御門」の幅5.9メートル 礎石跡から判明 鳥取市教委 /鳥取

発掘で確認された太鼓御門の礎石跡=鳥取市東町2の国指定史跡・鳥取城跡で、阿部絢美撮影

 鳥取市教委は8日、国指定史跡・鳥取城跡(鳥取市東町2)の三ノ丸(本丸)玄関口に当たる「太鼓御門」の礎石跡を発掘調査で確認し、御門の正確な規模と位置が判明したと発表した。御門幅は約5・9メートルで、想定よりも約1メートル広かった。

 御門は江戸初期に造られたとみられ、城や城下町を焼いた享保5(1720)年の石黒火事で焼失した後に建て替えられたとされる。今回確認したのは新御門で、明治維新時に取り壊された。

 二ノ丸から三ノ丸に至る「大手登城路」復元整備計画(2020年代完成予定)に伴う発掘調査の一環。市教…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文531文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 中央省庁 障害者雇用、水増しか 42年間 政府調査開始
  3. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
  4. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  5. 障害者雇用 2省、水増し認める 国交、総務 手帳ない職員も算入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです