連載

コレ推し!

毎日新聞デジタルの「コレ推し!」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

コレ推し!

広島 呉海自カレー 広島県呉市 各艦船の味、飲食店で 調理員が伝授しお墨付き /中国

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
海自風の制服を着た店員がいる呉ハイカラ食堂。「潜水艦『そうりゅう』テッパンカレー」は、クジラの竜田揚げ、肉じゃが、牛乳などを組み合わせた豪華版だ=広島県呉市宝町で、元田禎撮影
海自風の制服を着た店員がいる呉ハイカラ食堂。「潜水艦『そうりゅう』テッパンカレー」は、クジラの竜田揚げ、肉じゃが、牛乳などを組み合わせた豪華版だ=広島県呉市宝町で、元田禎撮影

店ごとに味に独自性

 幼い頃、カレーライスはごちそうだった。だから57歳になった今も大好物の一つ。海上自衛隊呉基地で毎週食べられているというこだわりのカレーを一般の飲食店で楽しめると聞き、7月4日の昼時に広島県呉市を訪ねた。【元田禎】

 呉基地では所属する艦船や部隊ごとに独自のカレーのレシピがあり、多くが毎週金曜日に食べているという。「呉海自カレー」プロジェクトは「街に活気を呼び込もう」と呉市が海自呉地方総監部に呼びかけて2015年に始まった。希望する店は各艦船の調理員らからレシピを習い、忠実に再現できたら認定を受けられる仕組みだ。

 本日の目標は3軒はしご。JR呉駅1階の「駅膳くれ店」は先月、メニューに「せきりゅうカレー」を加えた。1軒目なので、ハーフ(680円)を頼む。甘口だが、秘伝の辛み調味料を入れると辛口に。あっという間に平らげると、副店長の平野麻弥さん(43)は「土日なら、1日60食は注文があります」とほほ笑んだ。

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文1017文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集