メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

棚上げの問題群

点検・通常国会/5 カジノ・参院6増 数の力乱発、党利実現 次期参院選、火種に

カジノ解禁や参院定数6増を巡る通常国会の動き

 「評判が悪くても必要な政策ならまだしも、『ばくち』と『お手盛り』だからなあ」

 約1カ月の国会会期延長が固まった6月19日、自民党重鎮は表情を曇らせた。大幅延長はカジノを含む統合型リゾート(IR)実施法と、参院定数を6増する改正公職選挙法を成立させるためだった。世論や野党の批判は目に見えていた。

 安倍晋三首相は4月のIR推進本部の会合で「世界最高水準のカジノ規制で、依存症などの懸念に万全の対策を講じる」と胸を張った。日本人と国内居住の外国人に「週3回かつ28日間で10回」までの入場制限を課し、入場料6000円を徴収するのが柱だ。

 しかし審議ではその根幹が揺らぎかねない問題がいくつも浮上した。入場制限は「24時間以内に同じカジノ…

この記事は有料記事です。

残り909文字(全文1226文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  4. 政治 交わらない枝野氏と玉木氏 自民「1強」の責任、野党にも
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです