メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

世界遺産・小笠原の空港計画 自然との共存考えたい=荒木涼子(東京科学環境部)

返還50年を迎えた小笠原諸島。(手前から)父島、兄島、弟島=6月9日、本社機「希望」から

 吸い込まれそうな深く青い海。溶岩がむき出しになったダイナミックな地形。色鮮やかな絶滅危惧種の鳥。都心から南へ約1000キロ離れた世界自然遺産・小笠原諸島(東京都小笠原村)は6月、米国から返還されて50年を迎えた。島民は返還時の約10倍に増え、村役場のある父島では空港建設の検討も進む。固有種の多さから「東洋のガラパゴス」と称される島々の自然と、人間はどう共存していけばいいのか。世界遺産になり観光客も増える中、島民だけでなく本土の私たちも深く考える必要があると訴えたい。

この記事は有料記事です。

残り1778文字(全文2014文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  2. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  3. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  4. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  5. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです