メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プーチンのロシア

「グルジア紛争」10年/3 袋小路の領土問題 両国の交流は雪解けムード

南オセチアの隣接地域から避難し10年を迎えようとするアフタンディール・ホチシュビリさん(右)の一族。母を亡くし、先祖の墓に埋葬したいが、その望みはかなわない=ジョージア東部ツェロバニで2018年7月18日、大前仁撮影

 ジョージア(グルジア)国内には実質的な独立地域(南オセチア、アブハジア)が二つ残されていることから、ロシアとつながる陸路は東部カズベギを経由する道しかない。ジョージア側では狭い山道が続くが、ロシア国旗が描かれたナンバープレートの車が行き来し、訪れるロシア人の多さをうかがわせる。

 共にソ連を構成していたジョージアとロシアが2008年8月に戦火を交えてから10年。「紛争についてはお互いの政府が悪いとしか言いようがない」。ロシア南部クラスノダールからジョージアを訪れていたエゼフさん(70)は「紛争は国民間の感情に何の影響も及ぼしていない」と言い切る。

 紛争直後にはロシアが南オセチアとアブハジアを独立国家として承認し、反発したジョージアとの国交が断絶…

この記事は有料記事です。

残り647文字(全文973文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです