メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生損保格付け

環境・人権、日本は低評価 NGOが作成

 保険会社が環境や人権などに配慮した投融資方針を持っているかを調査し、格付けする日本初の試みが始まった。保険加入者の関心を高め、環境破壊や人権侵害につながる事業へのお金の流れを断つ国際キャンペーン「フェア・ファイナンス・ガイド」の一環として、複数の国内NGOが作成した。厳しい「通信簿」が企業行動を変えるか、注目が集まっている。

 今回格付けしたのは、生命保険大手5グループ(日本生命、第一生命、明治安田生命、住友生命、かんぽ生命…

この記事は有料記事です。

残り874文字(全文1088文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 元徴用工訴訟 日本じらされ「法的措置」 政府間協議要請 外交問題化、誤算

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです