メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

ハンガリーの通貨フォリント=国家公務員共済組合連合会理事長・松元崇

 早めの夏休みをとって東欧の国ハンガリーを訪れてきた。ハンガリーは人口の86%がアジア人種であるマジャール人。ユーラシア大陸の中で一番西に位置するアジア人の国だ。ベルリンの壁崩壊後、旧ソ連の支配を脱し、2004年には欧州連合(EU)に加盟したが、通貨は従来のフォリントを使い続けている。その背景には、財政的にユーロの導入条件を満たすことが難しかったというだけでなく、他国の支配に長年苦しんだ末に独立したという歴史がある。

 ハンガリーは、ロシアのウラル山脈地方に住んでいた騎馬遊牧民のマジャール人が、9世紀後半に移住してきてつくった国。1000年にローマ法王から王冠を受けてキリスト教国となったが、その後、オスマントルコの支配を経てハプスブルク家の支配下に置かれ、そこからの独立運動がミュージカル「エリザベート」にも描かれている。2度の世界大戦でいずれも敗戦国側になり、1956年のハンガリー動乱では、ソ連軍の弾圧で20万…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 6歳で亡くなった娘「もう一度夢に出てきて」 阪神大震災26年、遺族が思い

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです