メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

カラスの逆襲 埼玉県川越市・柿沼良子(農業・70歳)

 カブトムシやスズメを助けてあげたら、その後たくさん家にやってきたという話を、当欄で楽しく読みました。

 虫や鳥にも仲間を思う気持ちがあるのでしょうか。我が家ではまるで逆。カラスの仕返しを受けました。

 庭に「暖地桜桃」というサクランボの大樹があり、小指の先ほどの小さな実をつけます。毎年6月ごろ、木全体が真っ赤に見えるほど鈴なりになるのです。食べる人もいないので小鳥のついばむままに任せていたのですが、近ごろ、カラスが我が物顔に小鳥たちを威嚇し追い払…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文560文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  3. 事件後に25万円引き出される 奈良・橿原男性焼死 アパート住民と連絡取れず

  4. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  5. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです