メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
新潟

展望塔「レインボータワー」解体 27日に作業開始

バスセンタービル2階広場では、タワーの姿をカメラに収める人も=新潟市中央区で2018年7月26日午後5時52分、井口彩撮影

 新潟市中央区万代1の万代シテイバスセンタービルに立つ展望塔「レインボータワー」の解体作業が27日から始まり、45年の歴史に幕を閉ざす。長年愛されてきた市の象徴だけに、市民らからは別れを惜しむ声が広がっている。

 レインボータワーは1973年11月、新潟交通(同区)が同ビル南側の一角に建設。塔部分が虹色と目を引く外観で、展望フロアが回転しながら上下する高さ100メートルの展望塔として市民や観光客に利用され、同社によると開業直後の74年には14万人が乗車した。

 しかし2011年から東日本大震災の影響で休業。同年に耐震強度を調査した結果、基礎部分の強度が足りず…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文684文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

  2. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

  3. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  4. 河野外相“フェイクニュース”に不快感 日韓会談前、記者に「キヤノン? ニコン?」

  5. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです